2016年9月28日水曜日

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ(台湾)3


コミュニケーション•インターンシップ(5日目、6日目)

台北城市科技大学 (2日目)日本語教育実習
今日で研修5日目と6日目になります。今までの反省点をふまえ更にいい授業が出来るように頑張りました。台北城市科技大学では、初級から上級まで様々なレベルがあり、留学を目指している人や将来、日本語を使った仕事に就きたい人が日本語を学んでいます。淡江大学やここ台北城市科技大学での経験をもとに国立高雄餐旅大学では、もっと頑張りたいと思います。


            コミュニケーションゲームの様子です
  




文化紹介です
日本のアニメを日本語で何というでしょう
日本で有名なお寺はどこでしょう


                      <感想1>
今回、私の班は台北城市科技大学でレストラン日本語とひらがなの授業をさせてただきました。私にとって授業を行うのは3度目だったのであまり緊張はしませんでした。このクラスは日本語の初級と聞いていたのですが思っていたよりも学生のレベルが高く、教案が早く終わってしまうというイレギュラーが起こってしまいました。しかし、班のメンバーで臨機応変に判断し無事授業をすることができました。これまでの研修を通して教える楽しさを感じました。また、学生から「楽しい授業でした。ありがとうございました。」という言葉をいただきもっと頑張ろうと思いました。まだ授業が残っているので今までの反省点を生かして、大きな声で、笑顔で、楽しく、わかりやすい授業を行いたいと思います。
国際交流学科3小川ほのか


おもてなしの日本語、「いらっしゃいませ」、「少々お待ち下さい」などレストランで必要な日本語を教えました。小川さんの斑です。



<感想2>
1人で学生の前に立って授業を進めるのは台湾に来て初めてだったのでとても緊張しました。生徒に先生と呼ばれ、恥ずかしく感じましたが、その反面、とても嬉しかったです。こちらの学生、一人一人の反応も良くて楽しく授業ができたのでとても嬉しく、教えることの面白さを学びました。これからの授業では、先生に注意された事をしっかり直し、笑顔で大きな声で生徒と一緒に学んでいきたいと思いました。
国際交流学科1年 丸山夢
             丸山さん、生き生きしています。

                  
<感想3>
私たち三班のグループは台北城市科技大学で、「〜のが好きです・嫌いです」の文法の導入や辞書形の導入を教えました。三班全員は、この研修で学生に教えることは初めてだったので、最初はとても緊張しましたが、無事授業を終えることができました。常に笑顔でいることを意識し、学生の緊張や不安をできるだけ解消して学生が楽しく授業を受けられるように心がけました。教案通りスムーズに進まない所も多々ありましたが、3人で臨機応変に対応することができました。こちらの学生さんは初め、とても緊張している様子でしたが段々とその緊張も打ち解けることができました。段々と学生と生徒の距離が近づき、授業の最後には「楽しかったです」と言ってくれました。授業を終えた後の達成感はとても大きかったです。これから三班は作文と聴解の授業がありますが、この経験を生かし、残りの授業も笑顔で元気に教壇に立ちたいと思います。
国際交流学科3年 出崎和
           出崎さんの代入練習はとてもスムーズでした。
        「〜のが好きです・嫌いです」の初級文法を教えました。

                辞書形も教えました。





「日本語が上手になるために〜ようにしています」の文型や「〜だけでなく〜も」の文型も教えました。
佐藤さん、学習状況を見回ります。しっかりしています。




皆で協力し合いながらひらがなの練習をしました。
森川さん、小川さん、境さんのグループです。段々、日本語教師らしくなってきました


         目取真さんもよく学生の反応をみながら臨機応変に対応しています。














蔡さんも笑顔で頑張っています。












                    ひらがなのゲーム、ビンゴで勝者にはプレゼントです。齋藤さんの笑顔も素晴らしい。

          インタビューシートで話す活動をしています。
          サントスさんも上手に教えることができました。

                <感想4>

 今回、台湾のコミュニケーション•インターシップに参加させていただきました。台北城市科技大学では、ゼロからひらがなのクラスを教えました。パワーポイントで授業を行うはずでしたが、授業を行ったクラスでは、パワーポイントを使うことができず、フラッシュカード授業で進めることになりました。初めの授業と違って、イレギュラーに驚かず授業をすることができました。もちろん、うまくいかなかった部分もありましたが、学生たちと一緒に楽しみながら授業をすることができました。最後に学生さんから感謝の言葉をいただいて、達成感を味わうことができました。
                      国際国流学科3年 サントス古宮マイラ  

0 件のコメント:

コメントを投稿