2016年9月28日水曜日

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ5 大学院編

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップでは、大学院の学生も参加しています。


グローバルコミュニケーション専攻では、日本語教育研究分野があり、そこで学んでいる学生たちの多くが学部時代や大学院でこの研修に参加しています。今回も2名の大学院生が参加しました。教壇に立つのは初めてですが、今後の研究活動の役にたっているはずです。本専攻では、研究力だけでなく、実践的な学びで即戦力となる日本語教員を養成しています。
 国際交流学科の卒業生で日本語教師になった卒業生たちは、皆、本研修に参加しています。卒業生たちは、このコミュニケーション•インターンシップで力をつけたあと、国際交流基金から助成金を頂き、本学の海外姉妹大学でインターンシップを経験しています。いわゆるこの研修は、本学の日本語教員養成の即戦力を養う重要な海外実習となっています。即戦力を身につけた卒業生は、海外や日本国内で日本語教師として活躍しています。


        大学院グローバルコミュニケーション専攻のムバレクさんは
      必要な時には中国語で説明したりして臨機応変に頑張っています。
       「私の趣味は(辞書形)ことです」の文型を導入している呉さん。
        笑顔を忘れず、楽しそうに日本語を教えています。
台北城市科技では、文法用語が学校文法を使用しているのです。
       動詞の種類も『みんなの日本語』のように1グループ、2グループ、
       3グループと分類するのではなく、学校文法のように5段動詞、
       上一段動詞、下一段動詞と教えているのですね。

<感想1>
 今回の実習は私にとって初めての経験で、日本人学生とのチームワークも初めてのことです。先生のご指導のもと、協力し合いながら、グループメンバーと共に教育実習を行っています。この研修では、非常に貴重な経験ができたと思います。教案作成、教案検討、実施といった日本語教育に関わる様々な経験ができました。そして、23日のホームステイでは、九份、象鼻岩、廟口夜市、白砂浜に行きました。美しい景色を見たり、いろいろなおいしいものも食べたりしました。台湾の方々との交流は、すごく楽しく文化の違いにふれ、大変、勉強になりました。

 また、最初の授業は、非常に恥ずかしくて上手にできなかったのですが、教える場にも慣れ、今では、楽しい授業ができたと思います。学生たちの反応もすごく良くて一生懸命、授業に参加してくれました。教材作りや教案の検討などの準備も大変でしたがが、こちらの学生さんのポジティブな反応を思うと、とてもやりがいのある職業だと改めて実感した。
 将来は、必ず、日本語教師として活躍したいと実感した研修となりました。次は国立高雄餐旅大学での実習ですが、頑張りたいと思います。
              大学院グローバルコミュニケーション専攻1年 呉ウセン


 今年の大学院生は、皆、中国人でした。今回の研修は20名の学生が参加していますが、中国人やブラジル人も参加しています。また、国際交流学科の学生だけでなく、国際文化学科の学生や経営情報学部の学生も参加しています。日本で事前研修をしっかり実施してから台湾に来たので、学科を越えて、国籍を越えて皆、チームワークは抜群です。
 また、週末は台湾文化を学ぶとても貴重な経験ができました。










 コミュニケーションインターンシップに参加している20名のうち、ほとんどが本学の日本語教員養成課程(副専攻)の学生たちで日本語教育の資格をとるため学んでいます。副専攻は日本語教師の資格の1つで卒業後に日本語学校で働くことも可能です。3年前にこのコミュニケーションインターンシップに参加した卒業生の藤田さんは、現在、日本語学校で専任教師として日本語を教えています。在学中は、この研修を経験した後、ノルウェーのオスロ大学でティーチングアシスタントとなり、日本語教育実習をおこないました。

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ4

台北城市科技大学の実習報告

台北城市科技大学には、本学の卒業生も日本語の専任として教えています。山﨑先生は、国際人文学部国際交流学科在学中に日本語教員養成課程副専攻の資格をとり、大学院グローバルコミュニケーション専攻を卒業後、日本語学校で教えていましたが、今はこちらの大学で教えています。7年前に本研修コミュニケーション•インターンシップに参加し、ノルウェーのオスロ大学や中国大連外国語大学でティーチングアシスタントを経験し,実践力を身につけ卒業後にプロとして活躍しています。

            すっかり先生らしくなった本学卒業生の山﨑先生

また、国際交流基金から助成金を頂き、ここ台北城市科技大学で1ヶ月間のティーチングアシスタントをしている国際交流学科2年の田崎一葉さん、こちらの先生方からも好評です。今回の研修団も手伝ってくれています。

田崎さんは、去年、コミュニケーション•インターンシップに参加し、今年はティーチングアシスタントとして、ここ台北城市科技大学で頑張っています。なんだかとてもたくましく、成長を感じました。









本研修では、皆、笑顔で自身をもて臨機応変に対応しています。パワーポイントが使えない教室だったり、音声がでない教室だったりしても上手に乗り切っています。皆、笑顔で生き生きとしています。楽しみながら教えることができています。

城西国際大学国際交流学科の紹介もしました。山本さんもすっかり、教師顔。


榎戸さんも船山さんも笑顔で学生と話しています。

馬場さんも笑顔

山本さんも笑顔

目取真さんもグッドスマイル

蔡さんも笑顔でグー

今年は、経営情報学部2年生の星さんも参加しています。
とてもいいチームワークです。笑顔も最高!!!



 台北城市科技大学での日本語教育実習が無事、終わりました。次は、国立高雄餐旅大学での日本語教育実習です。いよいよ総仕上げとなります。笑顔で頑張りましょう。

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ(台湾)3


コミュニケーション•インターンシップ(5日目、6日目)

台北城市科技大学 (2日目)日本語教育実習
今日で研修5日目と6日目になります。今までの反省点をふまえ更にいい授業が出来るように頑張りました。台北城市科技大学では、初級から上級まで様々なレベルがあり、留学を目指している人や将来、日本語を使った仕事に就きたい人が日本語を学んでいます。淡江大学やここ台北城市科技大学での経験をもとに国立高雄餐旅大学では、もっと頑張りたいと思います。


            コミュニケーションゲームの様子です
  




文化紹介です
日本のアニメを日本語で何というでしょう
日本で有名なお寺はどこでしょう


                      <感想1>
今回、私の班は台北城市科技大学でレストラン日本語とひらがなの授業をさせてただきました。私にとって授業を行うのは3度目だったのであまり緊張はしませんでした。このクラスは日本語の初級と聞いていたのですが思っていたよりも学生のレベルが高く、教案が早く終わってしまうというイレギュラーが起こってしまいました。しかし、班のメンバーで臨機応変に判断し無事授業をすることができました。これまでの研修を通して教える楽しさを感じました。また、学生から「楽しい授業でした。ありがとうございました。」という言葉をいただきもっと頑張ろうと思いました。まだ授業が残っているので今までの反省点を生かして、大きな声で、笑顔で、楽しく、わかりやすい授業を行いたいと思います。
国際交流学科3小川ほのか


おもてなしの日本語、「いらっしゃいませ」、「少々お待ち下さい」などレストランで必要な日本語を教えました。小川さんの斑です。



<感想2>
1人で学生の前に立って授業を進めるのは台湾に来て初めてだったのでとても緊張しました。生徒に先生と呼ばれ、恥ずかしく感じましたが、その反面、とても嬉しかったです。こちらの学生、一人一人の反応も良くて楽しく授業ができたのでとても嬉しく、教えることの面白さを学びました。これからの授業では、先生に注意された事をしっかり直し、笑顔で大きな声で生徒と一緒に学んでいきたいと思いました。
国際交流学科1年 丸山夢
             丸山さん、生き生きしています。

                  
<感想3>
私たち三班のグループは台北城市科技大学で、「〜のが好きです・嫌いです」の文法の導入や辞書形の導入を教えました。三班全員は、この研修で学生に教えることは初めてだったので、最初はとても緊張しましたが、無事授業を終えることができました。常に笑顔でいることを意識し、学生の緊張や不安をできるだけ解消して学生が楽しく授業を受けられるように心がけました。教案通りスムーズに進まない所も多々ありましたが、3人で臨機応変に対応することができました。こちらの学生さんは初め、とても緊張している様子でしたが段々とその緊張も打ち解けることができました。段々と学生と生徒の距離が近づき、授業の最後には「楽しかったです」と言ってくれました。授業を終えた後の達成感はとても大きかったです。これから三班は作文と聴解の授業がありますが、この経験を生かし、残りの授業も笑顔で元気に教壇に立ちたいと思います。
国際交流学科3年 出崎和
           出崎さんの代入練習はとてもスムーズでした。
        「〜のが好きです・嫌いです」の初級文法を教えました。

                辞書形も教えました。





「日本語が上手になるために〜ようにしています」の文型や「〜だけでなく〜も」の文型も教えました。
佐藤さん、学習状況を見回ります。しっかりしています。




皆で協力し合いながらひらがなの練習をしました。
森川さん、小川さん、境さんのグループです。段々、日本語教師らしくなってきました


         目取真さんもよく学生の反応をみながら臨機応変に対応しています。














蔡さんも笑顔で頑張っています。












                    ひらがなのゲーム、ビンゴで勝者にはプレゼントです。齋藤さんの笑顔も素晴らしい。

          インタビューシートで話す活動をしています。
          サントスさんも上手に教えることができました。

                <感想4>

 今回、台湾のコミュニケーション•インターシップに参加させていただきました。台北城市科技大学では、ゼロからひらがなのクラスを教えました。パワーポイントで授業を行うはずでしたが、授業を行ったクラスでは、パワーポイントを使うことができず、フラッシュカード授業で進めることになりました。初めの授業と違って、イレギュラーに驚かず授業をすることができました。もちろん、うまくいかなかった部分もありましたが、学生たちと一緒に楽しみながら授業をすることができました。最後に学生さんから感謝の言葉をいただいて、達成感を味わうことができました。
                      国際国流学科3年 サントス古宮マイラ  

2016年9月25日日曜日

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ(台湾)2

2日目、3日目、4日目
台北城市科技大学での実習(9月23日)とホームステー(9月23日〜25日)

9月23日() 台北城市科技大学での実習が始まりました。こちらでは、火曜日まで約22時間の教育実習が行われます。それぞれのグループが、初級の文法を教えたり、中級の文法を教えたり、「おもてなしの日本語」レストラン場面での日本語も教えまました。また、アニメや日本のお寺などの文化紹介も行います。
 そして、週末は、こちらで日本語を学ぶ学生さんのお宅にホームステーをしました。市内を案内してもらいながら、日本語で交流しました。皆、台湾の文化にふれ充実した週末を過ごしました。月曜日からまた、実習が始まります。

  
          台北城市科技大学でお世話になっている黄先生

日本語の授業が終わって一安心
 
            ホームステーのバディと一緒に記念写真

<学生の感想1>
 台北城市科技大学では、私たちの班は会話の授業を担当しました。学生さんの日本語のレベルがそれぞれバラバラのクラスだと聞いていたので最初は戸惑いましたが、とても積極的に授業に参加してくれてとても楽しそうにしてくれたのでとても嬉しかったです。班のメンバー3人ともしっかり自分のやるべきことこなすべき仕事をやり切れたと思います。後半の授業では想定していなかったハプニングが起きてしまいましたが、班員全員が協力して臨機応変に対応することができて、無事に授業を終えることができました。クラスの人の授業の参加態度がとてもよく、教える側としてとても充実感や達成感を味わえることができてとてもよかったです。
23日のホームステイでは台湾に来て初めて市内視察をしました。台湾料理をたくさん振舞って頂いたり、有名な場所にたくさん案内してもらったりと、とても贅沢な時間を過ごすことができました。また、日本語をたくさん使って交流も深めています。とても忙しい日程の中だったので本当に充実した時間でした。改めて人との出会いに感謝できたホームステイでした。
                          国際交流学科3年 戸澤美月






 戸澤さんの願いは叶うでしょうか。バディと一緒にとった記念撮影です。九芬をエンジョイしました。日本語もたくさん、話して日本語の勉強にもなりました。

             映画のワンシーンに使われましたね。

 <学生の感想2>
 2斑は、まず平仮名の導入とカルタゲームとビンゴゲームをしました。なかなか練習どおりにはできませんでしたが、他のメンバーと協力し合いながら、授業を終えることができました。始めは、練習通りにいかなかったので、練習不足だと感じました。しかし、後半はひらがなのビンゴゲームで盛り上がり、雰囲気良く終わることができたと思います。一番最初の授業で緊張もありましたが、他の班の補助もあり、無事終えることができました。この経験を今後に生かしていきたいと思います。
  また、他の斑の平仮名の授業も2つ見学しました。臨機応変な授業展開に感心し、来週の平仮名の授業の勉強にもなりました。来週はしっかり教えたいと思います。
 夜はホストファミリーと一緒に夜市に行きました。ホストファミリーは皆さん親切で歓迎してもらいました。台湾の人の温かさを学びました。また、日本語をたくさん、話し日本語の勉強のお手伝いもすることができたと思います。                                国際交流学科2年 佐藤 彩菜







佐藤さんのホストファミリーとの記念写真 
熱烈歓迎されました。




中正記念堂

              


国際文化学科3年の蔡さんはいろいろなところに連れて行ってもらいました。

台北101からの景色は最高です。夜景がとてもきれいでした。

<学生の感想3>
初日は、家族と友達5人で夜市に出かけ、臭豆腐や台湾ならではの夜ご飯を食べました。
2日目は、ホームステイ先の学生と友達と一緒に九份へ出かけ、お土産を買ったり景色を見たりしました。最終日は、西門町と淡水に出かけました。初めは不安でしたが、とても優しいお母さんと学生のお陰で楽しいホームステイになりました。また、学生とその家族、友達のお陰で台湾の事が大好きになりました。最高のホームステイでとても楽しかったです。明日からの日本語教育実習も頑張りたいと思います。明日は台北城市科技大学での実習です。先週よりもっと上手に実習をしたいと思います。
 国際交流学科1年 星 榛菜
              素敵なホストファミリーでした

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ(台湾)


 平成28年度 コミュニケーション•インターンシップ(台湾)が始まりました。海外姉妹大学である淡江大学、台北城市科技大学、国立高雄餐旅大学の日本語プログラムで日本語実習を行います。今年は20名が参加していますが、中にはまだ日本語教員養成副専攻を履修していない学生も参加しています。6つのグループが7日間毎日100時間の実習を行います。初級から上級まで様々なレベルで実習します。また、週末はホームステーをしたり、一緒に市内視察に出て日本語で交流しながら日本語のお手伝いをします。

第一日目:淡江大学での日本語実習







淡江大学の校舎の前で


              淡江大学日文系学部50周年を記念して曾主任と記念撮影


              どのように日本語を教えるのでしょうか。口頭練習です。



              国際交流学科2年鏡さん 初級文法 NはNです の導入
                    とても上手にできました









学習者の反応をみながら臨機応変に口頭練習するのは、難しいのですが、上手にできました。事前研修でよく練習した成果が出ています。


 淡江大学では、10時から50分授業を10コマ教えました。初級と中級レベルの授業で実習をしたり、こちらの教授法の授業に参加し、「よい日本語教師になるためには」についてディスカッションしたりしました。





                国際交流学科3年船山さん 笑顔が素敵

<感想1>
 私は今回台湾の日本語実習、コミュニケーション•インターンシップに参加させていただいています。実際に台湾の学生たちと交流することで、多くの学生が日本語を好んで学習してくれているということを強く感じる事が出来ています。ここ、台湾の日本語学習者には、日本語がまだ始めたばかりの学生や、もう自然に会話ができる学生など、様々な学生がいて、とてもやり甲斐も感じています。
まだ、日本語の理解が難しくて、中国語での通訳を欲しているような学生にはできるだけ日本語だけを使ってもらうような教え方や、また、もう理解出来ている学生にはさらに向上心を持ってもらえるような教え方など、それぞれに合わせて工夫した教授法をもっと自分で感じながら考えたいと改めて思いました。
自分自身の授業の進行面を振り返ってみると、全体的に反復練習が足りなく、学生にとっては混乱させてしまうような部分があり、そのまま次に進んでしまったということが反省点だったと感じています。これからもまだ台北城市科技大学や高雄餐旅大学で実習する機会がありますので、他のグループの授業を参考にしながら、学生が楽しく、そして少しでも多く理解してくれるような授業を目標に残りの実習を取り組みたいと思います。
                          国際交流学科3年 船山 燿


          国際交流学科1年 齋藤さん コミュニケーション活動
             初めての実習でしたが、とても上手にできました。

                     <感想2>
台湾に着いてからの初の授業ということもありとても緊張しました。学生達の前 に立つと練習とは全く違い最初は声が小さくなったり次のことをするタイミングがわからなかったりしましたが周りのサーポートもあり最後までやることができました。学生達の反応も良く、特にグループ活動は学生と近くで話すことができ11人の反応も見れて教えることの楽しさも感じました。

                          国際交流学科1年 齋藤由花

国際交流学科1年丸山さん
笑顔で上手に質問をしています。


<感想3>


 今回、台湾のコミュニケーションインターシップに参加させていただきました。私が初めて教壇に立たせてもらったクラスは台湾の淡江大学の日本語初級クラスです。そのクラスは台湾人の学生はもちろんですが、韓国人や中国人の留学生または、視覚障害の学生たちもいました。授業が始まる時に先生から伺ったため、ものすごく緊張してしまい、思い通りにいかなかったところもありました。学生には楽しめるようにできだけ明るく、元気に、笑顔で授業を進めました。今回の授業では、教えてみることでわかることが多くあり、これからの授業では、同じく元気に笑顔で授業を行い、イレギュラーなことが起きた時は、臨機応変に対応し、自分もしっかり楽しみながら、学生にできるだけ授業に興味を持ってもらうように頑張っていきたいと思います。

ありがとうございます。
国際交流学科3年 サントスコミヤマイラ