2016年10月1日土曜日

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ7(台湾)

本日も国立高雄餐旅大学での日本語教育実習です。

こちらの大学での集合写真です。皆、研修を終えてたくましくなったように思います。



海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ 6 (台湾)

国立高雄餐旅大学での日本語教育実習:3つ目の大学での日本語教育実習です。

 私たちは、台北からここ高雄に移り、国立国立高雄餐旅大学で日本語教育実習をおおなっています。ここの大学での日本語教育実習は、今年で9年目になります。毎年、ここ高雄にきて日本語教育実習を行っています。既に国内外で活躍している本学卒業生の日本語教師は、皆、この研修に参加してきました。







 この大学は、ホスピタリティを学ぶ大学で日本語教育も実践的な科目が多く、この研修でもレストラン日本語やホテル日本語を教えました。また、作文の授業では、男女平等や自然災害などのトピックでディスカッションしたり、日本文学の授業では「こぶとりじいさん」「むじな」などをインフォメーションギャップでピアーラーニングの授業をしました。
          
       星さんは、経営情報学部の学生ですが、この研修に参加しました。
レストラン日本語の授業では丁寧な言葉遣いや礼儀を教えました。

            「こちらへどうぞ」などノン•ヴァーバルも大切な言語活動です。


学生さんにロールプレーもやってもらいました。

<感想1>
 今回、高雄大学では、レストラン日本語の授業を教えました。今まで教壇に立ち、人に教えるという経験がなかったので、とても不安でした。しかし教室に入り授業が始まると、緊張しましたが、学生が真剣に授業を聞いてくれ、授業はあっという間に終わってしまいました。最終的に発表の時間の時も学生が自ら前に出てきてくれて、発表しやすい空気を少しでも作れていたかなと思いました。また、教えるという事にやりがいを感じました。今回コミュニケーションインターンシップに参加して貴重な体験ができました。

          経営情報学部 2 遥香


蔡さんは、将来日本語教師になるために日本に留学にきたそうです。

                 <感想2>
 私たち6班は今までに淡江大学と台北城市科技大学で中級レベルの授業やひらがな導入の授業を担当しました。平仮名は、既に読める学生が多く、カルタをしたり、ビンゴゲームなどをして「読める」活動をしました。
 今回の実習は私にとって初めての経験だったので、最初はとても緊張しました。しかし、今回の実習のために研修に参加する全員と協力し合いながら事前にたくさん練習したので、今まで練習してきた成果をそれぞれの授業で十分に発揮することが出来ました。
 教えていて、学生さんからは日本語を学びたいという強い意欲がとても伝わってきました。授業のあとに「ありがとう」と言われて、嬉しくなり、またできるようになった学生を見て、とてもやりがいを感じ、増々日本語教師になりたいと感じるようになりました。
 週末はホームステイをしました。私のホストファミリーはとても優しくて親切でした。彼らの家に泊まり一緒にご飯を食べたり、様々なところを観光しました。私にとって一番印象が深い場所は台北101です。そのビルの高さは508mもあり、私たちは91階まで上がり、台湾の全体の町を眺めることができ、とても素晴らしかったです。
 私は高校生の時から日本語の先生になりたいと考えていたので、自分の夢のために今回の実習を一生懸命頑張りたいと思います。
                        国際文化学科3年生サイテンジョ

 ここ国立高雄餐旅大学のキャンパスツアーをしました。この大学では、ホテル実習ができるよう20室ほどの宿泊施設があります。私たちもこのホテルに滞在しています。また、ワインテーストのための教室やにおいを嗅ぎ分ける施設があったり、調理室があったり、実践的な学びの施設が多くありました。



文化紹介も重要でこの研修では、日本のお寺、お城、食、アニメなど紹介しました。

 こちらの聴解の授業では、ほとんどの学生さんが日本語能力試験のN1を取得しているので、レベルが高く、日本から既製の聴解用のアニメに関する教材と自分たちでジブリ映画から教材を作成し、聴く練習をしました。最後はトトロを歌って授業を終了しました。





2016年9月28日水曜日

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ5 大学院編

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップでは、大学院の学生も参加しています。


グローバルコミュニケーション専攻では、日本語教育研究分野があり、そこで学んでいる学生たちの多くが学部時代や大学院でこの研修に参加しています。今回も2名の大学院生が参加しました。教壇に立つのは初めてですが、今後の研究活動の役にたっているはずです。本専攻では、研究力だけでなく、実践的な学びで即戦力となる日本語教員を養成しています。
 国際交流学科の卒業生で日本語教師になった卒業生たちは、皆、本研修に参加しています。卒業生たちは、このコミュニケーション•インターンシップで力をつけたあと、国際交流基金から助成金を頂き、本学の海外姉妹大学でインターンシップを経験しています。いわゆるこの研修は、本学の日本語教員養成の即戦力を養う重要な海外実習となっています。即戦力を身につけた卒業生は、海外や日本国内で日本語教師として活躍しています。


        大学院グローバルコミュニケーション専攻のムバレクさんは
      必要な時には中国語で説明したりして臨機応変に頑張っています。
       「私の趣味は(辞書形)ことです」の文型を導入している呉さん。
        笑顔を忘れず、楽しそうに日本語を教えています。
台北城市科技では、文法用語が学校文法を使用しているのです。
       動詞の種類も『みんなの日本語』のように1グループ、2グループ、
       3グループと分類するのではなく、学校文法のように5段動詞、
       上一段動詞、下一段動詞と教えているのですね。

<感想1>
 今回の実習は私にとって初めての経験で、日本人学生とのチームワークも初めてのことです。先生のご指導のもと、協力し合いながら、グループメンバーと共に教育実習を行っています。この研修では、非常に貴重な経験ができたと思います。教案作成、教案検討、実施といった日本語教育に関わる様々な経験ができました。そして、23日のホームステイでは、九份、象鼻岩、廟口夜市、白砂浜に行きました。美しい景色を見たり、いろいろなおいしいものも食べたりしました。台湾の方々との交流は、すごく楽しく文化の違いにふれ、大変、勉強になりました。

 また、最初の授業は、非常に恥ずかしくて上手にできなかったのですが、教える場にも慣れ、今では、楽しい授業ができたと思います。学生たちの反応もすごく良くて一生懸命、授業に参加してくれました。教材作りや教案の検討などの準備も大変でしたがが、こちらの学生さんのポジティブな反応を思うと、とてもやりがいのある職業だと改めて実感した。
 将来は、必ず、日本語教師として活躍したいと実感した研修となりました。次は国立高雄餐旅大学での実習ですが、頑張りたいと思います。
              大学院グローバルコミュニケーション専攻1年 呉ウセン


 今年の大学院生は、皆、中国人でした。今回の研修は20名の学生が参加していますが、中国人やブラジル人も参加しています。また、国際交流学科の学生だけでなく、国際文化学科の学生や経営情報学部の学生も参加しています。日本で事前研修をしっかり実施してから台湾に来たので、学科を越えて、国籍を越えて皆、チームワークは抜群です。
 また、週末は台湾文化を学ぶとても貴重な経験ができました。










 コミュニケーションインターンシップに参加している20名のうち、ほとんどが本学の日本語教員養成課程(副専攻)の学生たちで日本語教育の資格をとるため学んでいます。副専攻は日本語教師の資格の1つで卒業後に日本語学校で働くことも可能です。3年前にこのコミュニケーションインターンシップに参加した卒業生の藤田さんは、現在、日本語学校で専任教師として日本語を教えています。在学中は、この研修を経験した後、ノルウェーのオスロ大学でティーチングアシスタントとなり、日本語教育実習をおこないました。

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ4

台北城市科技大学の実習報告

台北城市科技大学には、本学の卒業生も日本語の専任として教えています。山﨑先生は、国際人文学部国際交流学科在学中に日本語教員養成課程副専攻の資格をとり、大学院グローバルコミュニケーション専攻を卒業後、日本語学校で教えていましたが、今はこちらの大学で教えています。7年前に本研修コミュニケーション•インターンシップに参加し、ノルウェーのオスロ大学や中国大連外国語大学でティーチングアシスタントを経験し,実践力を身につけ卒業後にプロとして活躍しています。

            すっかり先生らしくなった本学卒業生の山﨑先生

また、国際交流基金から助成金を頂き、ここ台北城市科技大学で1ヶ月間のティーチングアシスタントをしている国際交流学科2年の田崎一葉さん、こちらの先生方からも好評です。今回の研修団も手伝ってくれています。

田崎さんは、去年、コミュニケーション•インターンシップに参加し、今年はティーチングアシスタントとして、ここ台北城市科技大学で頑張っています。なんだかとてもたくましく、成長を感じました。









本研修では、皆、笑顔で自身をもて臨機応変に対応しています。パワーポイントが使えない教室だったり、音声がでない教室だったりしても上手に乗り切っています。皆、笑顔で生き生きとしています。楽しみながら教えることができています。

城西国際大学国際交流学科の紹介もしました。山本さんもすっかり、教師顔。


榎戸さんも船山さんも笑顔で学生と話しています。

馬場さんも笑顔

山本さんも笑顔

目取真さんもグッドスマイル

蔡さんも笑顔でグー

今年は、経営情報学部2年生の星さんも参加しています。
とてもいいチームワークです。笑顔も最高!!!



 台北城市科技大学での日本語教育実習が無事、終わりました。次は、国立高雄餐旅大学での日本語教育実習です。いよいよ総仕上げとなります。笑顔で頑張りましょう。

海外日本語教育実習 コミュニケーション•インターンシップ(台湾)3


コミュニケーション•インターンシップ(5日目、6日目)

台北城市科技大学 (2日目)日本語教育実習
今日で研修5日目と6日目になります。今までの反省点をふまえ更にいい授業が出来るように頑張りました。台北城市科技大学では、初級から上級まで様々なレベルがあり、留学を目指している人や将来、日本語を使った仕事に就きたい人が日本語を学んでいます。淡江大学やここ台北城市科技大学での経験をもとに国立高雄餐旅大学では、もっと頑張りたいと思います。


            コミュニケーションゲームの様子です
  




文化紹介です
日本のアニメを日本語で何というでしょう
日本で有名なお寺はどこでしょう


                      <感想1>
今回、私の班は台北城市科技大学でレストラン日本語とひらがなの授業をさせてただきました。私にとって授業を行うのは3度目だったのであまり緊張はしませんでした。このクラスは日本語の初級と聞いていたのですが思っていたよりも学生のレベルが高く、教案が早く終わってしまうというイレギュラーが起こってしまいました。しかし、班のメンバーで臨機応変に判断し無事授業をすることができました。これまでの研修を通して教える楽しさを感じました。また、学生から「楽しい授業でした。ありがとうございました。」という言葉をいただきもっと頑張ろうと思いました。まだ授業が残っているので今までの反省点を生かして、大きな声で、笑顔で、楽しく、わかりやすい授業を行いたいと思います。
国際交流学科3小川ほのか


おもてなしの日本語、「いらっしゃいませ」、「少々お待ち下さい」などレストランで必要な日本語を教えました。小川さんの斑です。



<感想2>
1人で学生の前に立って授業を進めるのは台湾に来て初めてだったのでとても緊張しました。生徒に先生と呼ばれ、恥ずかしく感じましたが、その反面、とても嬉しかったです。こちらの学生、一人一人の反応も良くて楽しく授業ができたのでとても嬉しく、教えることの面白さを学びました。これからの授業では、先生に注意された事をしっかり直し、笑顔で大きな声で生徒と一緒に学んでいきたいと思いました。
国際交流学科1年 丸山夢
             丸山さん、生き生きしています。

                  
<感想3>
私たち三班のグループは台北城市科技大学で、「〜のが好きです・嫌いです」の文法の導入や辞書形の導入を教えました。三班全員は、この研修で学生に教えることは初めてだったので、最初はとても緊張しましたが、無事授業を終えることができました。常に笑顔でいることを意識し、学生の緊張や不安をできるだけ解消して学生が楽しく授業を受けられるように心がけました。教案通りスムーズに進まない所も多々ありましたが、3人で臨機応変に対応することができました。こちらの学生さんは初め、とても緊張している様子でしたが段々とその緊張も打ち解けることができました。段々と学生と生徒の距離が近づき、授業の最後には「楽しかったです」と言ってくれました。授業を終えた後の達成感はとても大きかったです。これから三班は作文と聴解の授業がありますが、この経験を生かし、残りの授業も笑顔で元気に教壇に立ちたいと思います。
国際交流学科3年 出崎和
           出崎さんの代入練習はとてもスムーズでした。
        「〜のが好きです・嫌いです」の初級文法を教えました。

                辞書形も教えました。





「日本語が上手になるために〜ようにしています」の文型や「〜だけでなく〜も」の文型も教えました。
佐藤さん、学習状況を見回ります。しっかりしています。




皆で協力し合いながらひらがなの練習をしました。
森川さん、小川さん、境さんのグループです。段々、日本語教師らしくなってきました


         目取真さんもよく学生の反応をみながら臨機応変に対応しています。














蔡さんも笑顔で頑張っています。












                    ひらがなのゲーム、ビンゴで勝者にはプレゼントです。齋藤さんの笑顔も素晴らしい。

          インタビューシートで話す活動をしています。
          サントスさんも上手に教えることができました。

                <感想4>

 今回、台湾のコミュニケーション•インターシップに参加させていただきました。台北城市科技大学では、ゼロからひらがなのクラスを教えました。パワーポイントで授業を行うはずでしたが、授業を行ったクラスでは、パワーポイントを使うことができず、フラッシュカード授業で進めることになりました。初めの授業と違って、イレギュラーに驚かず授業をすることができました。もちろん、うまくいかなかった部分もありましたが、学生たちと一緒に楽しみながら授業をすることができました。最後に学生さんから感謝の言葉をいただいて、達成感を味わうことができました。
                      国際国流学科3年 サントス古宮マイラ